【フラットカーテン採寸方法】

 1. 開き方を決める。

 

・両開き→ センター分けのスタイル

 

 

・片開き→ 左右どちらかに寄せるスタイル。

2.(W)幅を測る。

 

レールの端から端までを測ってください。

 

※注文 (仕上り) サイズはゆとり分として、(測ったサイズ) × 1.1倍が適正サイズです。

3.(H)高さを測る。

 

ランナーの下から測ってください。

 

※ 注文 (仕上り) サイズは・・・

  腰窓→   測ったサイズ+10~15cm

  掃出し窓→ 測ったサイズ ー 1cmが適正サイズです。

 

 4.注文サイズを出す

 

・ご注文はmm単位での発注になります。

・カーテンの幅はフックの位置調整の為、ご注文サイズより1~3cm程度 長くなる場合があります。

 ・カーテンの総丈(生地の上部~裾)は注文サイズより1cm長くなります。

 

【例】

採寸サイズ(掃出し窓)

幅  / 198cm

高さ / 200cm の場合

      

注文サイズ 

幅  / 2180mm  →  (1980×1.1=2178 1の位は四捨五入)

高さ /  1990mm     →         (2000-10)

 

 

 

採寸サイズ(腰窓)

幅  / 154cm

高さ / 130cm の場合

      ⇩

→注文サイズ

幅  / 1690mm  →  (1540×1.1=1694 1の位は四捨五入)

高さ / 1450mm     →         (1450+150)

 

巾継ぎについて

巾継ぎとは、原反の元はば(この場合90cm)よりも大きなカーテンを作る場合、生地を横に継いで1枚のカーテンにお仕立てすることです。サイズの大きい方は予めご了承ください。

※カーテンのサイズによって幅継ぎ位置は異なります。

表面⇩

裏面⇩